スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

去勢手術のお迎えと腎臓の状態 




無事、去勢手術を終えたレオンはとっても元気にしています。
もともと物怖じしない性格なせいか、入院中は看護士さん達に愛想を振りまき
すっかり可愛がられてたようです。良かったね、レオン。

もう何を告げられても私の気持ちはひとつ。
だけどドキドキしながら迎えに行って
漏斗胸の状態と、電話で「ひとつしかない」と言われた腎臓の状態を説明してもらいました。




まず、漏斗胸ですが
健康な猫のレントゲンと見比べると、レオンの胸の骨は内側へ大きく曲がっていて
そのせいで本来なら若干左にあるべき心臓の位置もかなり左に片寄っていました。

心電図もやはり乱れていたようですが
ここまで大きく育ったこととこの子の活発さを見て
問題ないでしょうと改めて言ってもらいました。



そして腎臓。
レオンは生まれつき右の腎臓がなかったみたいです。
レントゲンでは左の腎臓がとても大きくなってしまっていました。

「ここ触ってみてください」と先生に言われるとおりに触ってみると
右には何も感触がないのに、左は素人の私が触っても何かあるのがはっきりと分かりました。
それほどにレオンの片方の腎臓は肥大してしまっていたのです。

血液検査の結果は以下のとおりです。
腎疾患に関わる主な項目だけ載せますね。

項目 基準値 結果
BUN 9.03~11.48 26↑
Cre 0.3~1.5 1.2
CPK 137~229 1557↑
LDH 0~1128 344
Na 150~165 143
K 3.7~5.8 4.5


基準値は病院によって様々らしく
ヂルのかかりつけではBUNの基準値は9~25だったので、こちらの病院の数字は厳しめなのかな・・・?

血液検査の結果を見ると、基準値より高い項目は二つ。
ですが今の数字では腎臓病に結びつける段階ではない、とのことでとりあえずホッとしています。

これからについては・・・

・定期的に血液検査と尿検査をすること
・普段から飲み水の量、おしっこの回数と量と色を観察すること
・腎臓に負担をかけないようにするため、これ以上体を大きくしないこと

その三点に注意しながらの生活になります。

まだ3回ほどの通院だけど、毎回ゆっくり時間をかけて診察して分かりやすく説明してくれる先生のおかげで
しっかりと今の状態とこの先の不安点を把握することができました。
レオンにとって良い病院に巡り会えて本当によかった。
一つしかない腎臓、大切にしていかなきゃね。。。




そして最後に、取った睾丸を見せてもらいました!
マシュマロよりも小さなモノがふたつ
おしりを確認すると・・・タマタマがしぼんじゃってました。
あ~無事終わって良かった!って実感したけれど、なんだかちょっと寂しいものですね(ノ´∀`*)



IMG_3241.jpg
慣れないエリザベスカラーにお疲れなレオン


IMG_3255.jpg
退院から4日後にカラーも取れて、元気いっぱいです




これから気を付けなければならないことがたくさんあるけど、
ひとまず男の子の一大イベント(!?)去勢手術を無事に終えることができました☆



スポンサーサイト

去勢手術で新たな問題が・・・ 




昨日はレオンの去勢手術でした。
日帰り手術が最近の主流みたいですが、レオンの通う病院では日帰りか2泊3日か選べます。
(日帰りの場合は術後3日間は注射のために通院が必要になるそうですが・・・)


レオンの場合、色々と心配なので入院を選びました。
なので今は病院にいます・・・ちゃんと良い子にしてるかなぁ( ´ー`)y-~~





病院では、さらっと手術の説明を受けて体重を測り・・・

『5.28キロですね~』

えっっっ!?そんなにある?
なんとレオン、8ヶ月にして5キロ超えです。
どうりで病院へ向かう途中キャリーバッグが重くてしかたなかったわけだ。
でも、特に太ってるとか何も言われなかったのでこれでいいのかな・・・





レオンを預けて帰り、しばらくすると病院から電話。
手術が無事終わって麻酔から覚めてとても元気にしてると聞いてひと安心です。


ですが、問題はここから・・・


漏斗胸の詳しい症状を把握するために心電図とレントゲンを撮っていたのですが、
そのレントゲンで予想もしないことが発覚してしまいました。

レオンの腎臓の片方がレントゲンで確認できず、もう片方がとても肥大していると告げられました。
なので血液検査をしたい、と。
もちろんお願いして、詳しい話は明日レオンを迎えに行った時にあるのですが・・・





無事に手術が終わって安心した次の瞬間、「えっ・・・」と言ったきり時が止まったようでした。

だけど、涙は出ませんでした。私は冷静でした。
だってあの時・・漏斗胸だとわかったあの日からの数日、
私はいっぱい泣いて、いっぱい考えて、決めたんです。

これから先、何があってもこの子を守ろうって。

だから、覚悟なんてとっくにできてる。

 



ただ・・・漏斗胸のことではなく、全く予想もしていなかった事実がわかってショックはショックです。
そして何よりもレオンがかわいそうで・・・

ただでさえ生まれつき漏斗胸で心臓に雑音があるのに。
今だって、たまに少し寝息が辛そうな時があるのに。

それなのに腎臓まで!?どうしてレオンばかり・・・って、
無邪気にまん丸な目で見つめてくるレオンを思うとやっぱりちょっと辛いです。




IMG_3206.jpg



明日迎えに行った時に詳しいことがわかると思います。
それでも今は早くレオンに会いたい気持ちでいっぱいです。



















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。